2011年05月31日

集中しているものは増幅される

自分が意識を集中しているものは増幅されます。

なので普段から良い事を考えるようにすれば、それは増幅されて人生豊かになっていきます。

が、えてして良い事ではなく悪い事を考えてしまいがちだったりします。

「貧乏だからお金持ちになりたい」という願いは、「貧乏」がフォーカスされているので貧乏がより増幅されます。

「本番で失敗しないようにがんばらなきゃ」と自分を鼓舞するのは、「失敗」がフォーカスされているのでやはり失敗してしまいます。

マイナス思考ではなくてプラス思考でいきましょう。

「自分はどんどんお金持ちになっている」とか「本番で楽しくのびのびとやれている自分がいる」などとイメージすることが大事。

スポーツ選手などがイメージトレーニングを繰り返し、セルフイメージを変えていく感じですね。

また、否定形ではなく肯定形で考えるのがミソです。

「絶対に青い色をイメージしてはいけません」とか言われたら、間違いなく青い色を頭の中に想像してしまいます。

高速道路や山道などで、「事故多発!注意!」の看板があったら、間違いなく事故を想像してしまいます。

「〜するな」という否定形ではなく、肯定形でイメージを描きましょう。

セルフイメージを高めることは大事です。

ホントに人生好転してきますよわーい(嬉しい顔)

posted by オッタ at 21:08| 神奈川 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | マインド | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年05月29日

南アフリカのエディ・マーフィー

フェアトレード(公平な貿易)という言葉を聞いたことがありますか。

簡単に言うと、先進国が発展の遅れた国の物を買うとき、適正な価格で買いましょうということです。

安く買い叩いたり現地の人を低賃金で雇うのはやめましょう、と言い換えることもできます。

世界各国に認定機関があり、認定を受けた会社は黒人を主要なポストに就けスキルアップをさせたり、教育施設をつくり子供に教育をさせたり、その地域の発展にお金を使います。

フェアトレード認定商品のほとんどはコーヒー豆などの農産物ですが、実はワインもあるのです。

大抵のワイナリーでは、ワインの味を追求し売り上げを伸ばしていくのが普通です。

しかし、タンディ・ワイン社では南アフリカにおける社会貢献型のワイナリーとして、全世界にその名が知れ渡るようになりました。

school.jpg

「タンディ」とは、南アフリカのアフリカ系コーサ人の言葉で「愛/育てる」を意味します。

1998年に誕生したタンディワインのラベルには、母親が子供を抱いている絵がデザインされています。

母親が愛情を持って子供を育てるように、このワインを大事に育てていきたいという想いが表現されています。

タンディは社会貢献型のワイナリーですが、もちろん品質に手抜きが許されるわけはありません。

label.jpg

今回、南アフリカで初のフェアトレード認定を受けたワイナリー、タンディ社のバーナン・ヘン社長が日本に初来日。

ワインが好きな私は、来日を記念したイベントに参加し彼から南アフリカのリアルなお話を直接お聞きすることができました。

初めて見た印象は、まず「ハリウッドスターのエディ・マーフィーに似てるな」でしたわーい(嬉しい顔)

そしてそのイメージどおり?、とても気さくで陽気な方でした。手にしているのはもちろんタンディワイン。ブドウ品種は、私の大好きなピノ・ノワールです。

vernon_kazu.JPG

どの分野でもそうなのですが、成功者や自分に確固たる自信・ポリシーをもっている人というのは、握手が他の人とちょっと違います。

とても力強いです。その人のオーラが伝わってきます。単に握力が強いのとは違いますね。

thandi_wine.jpg

タンディ・ワインを1本購入することによって、約150円がタンディ250の家族や地域の託児所、読み書きの不自由な大人の教育や職業訓練など様々なプログラムに使われるらしいです

街のワイン屋さんやスーパーなどで見かけたら、あなたも1本いかがでしょう。

間接的ではありますが、南アフリカの社会に貢献してみませんか。

あ、別に私はタンディの回し者ではありません(笑)

posted by オッタ at 06:56| 神奈川 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年05月26日

やることリスト、やめることリスト

新しいことを始めるにあたり、色々とやりたいことや買いたいものなどをリストにすることはいいことなんですが、、

それ以上に大事なのが「やめることリスト」を作り、先にそれを実施することですね。

悪い習慣をやめないと、新しいことを始める時間もお金も捻出できません。

不要なモノを捨てないと、新しいモノを置くスペースもできません。

たとえば自分は、1年以上着ない服や履かない靴などはあるタイミングでごっそり捨てるようにしました。

書籍などは「もう読み返すことはないだろう」「その必要もないだろう」というものに関しては、知り合いにあげるか捨てるようにしています。

性格的になかなか捨てられなかったりするのですが、以前に比べるとだいぶマシになりました。

でももっと徹底できると思っているので、もう少しがんばります。

あとこれは、物理的なモノだけでなく考え方にもあてはまると思います。

古い考えに固執するのではなく、それを捨てて新しい考えを取り入れていくのもこれからの時代必要なんじゃないかな、と。

posted by オッタ at 01:17| 神奈川 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | マインド | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年05月23日

小さな改善からはじめる

「後でやる」という考え方を改めるだけでも、心にかかる負担を軽減できるようになると思います。

何か思いついたり思い出したり、もしくは誰かに何かを頼まれた時、「後でやるか」ではなくて、「今スグやる」。これだけ。

メリットとしては、

・後になって「しまった!忘れてた!」ということが起こらないため、重大なミスを引き起こすことがありません。上司や家内から叱られたり小言をいわれたりすることもありません。

・「そういえばあれやらなきゃ」「面倒くさいなぁ」などの気持ちが頭の片隅につきまとうこともないので、今を楽しく過ごせるようになります。

溜まったストレスを発散させることも大事ですが、そもそも不要なストレスなんて溜めたくありません。

posted by オッタ at 16:09| 神奈川 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | マインド | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年05月22日

まわりから見た自分

よく会う友人や知人5人の年収を足して、5で割ると自分の年収になるそうです。

試してみると、意外に精度が高いかも「!?」

類は友を呼ぶという諺もありますが、要は「お互いが影響しあって高めあう」もしくは「お互いが影響しあって足を引っ張り合う」ということなんだと思います。

人は、良くも悪くも周りからの影響を受けてしまう、ということですね。

自分もまわりも似たようなもの、ということは…

「自分のまわりは馬鹿ばかり」などと言っている人は、自分自身が馬鹿だということになります。

「自分に集まるオトコ(オンナ)はロクでもない奴ばかり」などと言っている人は自分自身がロクでもない奴、ということになります。

他人をどうこう言う前に自分を磨かねば、ですね。

まわりの人も、自分のことをおなじような目でみているだろうから。


posted by オッタ at 11:56| 神奈川 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 人間関係 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年05月21日

不要なソフトウェアを入れ替える

パソコン(コンピュータ)というのは人間の脳を模してつくられているそうです。かなり精巧に。

パソコンに色々なソフトがインストールされているように、人間の脳にも色々なソフトがインストールされていると言えます。

ここでいう人間の脳に入っているソフトウェアというのは、「考え方の習慣」とか「行動の習慣」ということになりますかね。(ちなみに習慣とは、普段無意識で行っていることを指します。)

では、人間の脳にはどんな習慣(無意識)がインストールされているんでしょうか。

例えば以下みたいなソフトがインストールされてたりしませんか。

・なんでも後回しにするVer1.5
・ダラダラと毎日を過ごすVer3.0
・ぼーっとTVを見るVer2.2

普通に考えればこんなソフト、人生の役に立つとは思えません。

なのでインストールなんてしたくないのですが、幼少から培われてきた長い習慣により、すでにインストールされてしまっているという人は多いのではないでしょうか。(自分もその一人ですあせあせ(飛び散る汗))

不要なソフトはハードディスクの容量を食うだけでなく、パソコンの動作が重くなるなど弊害ばかり起こします。

よって不要なソフトは早急に削除し、役に立つ新しいソフトに入れ替えねばなりません。

…ソフトを入れ替える、とか簡単に言っちゃってますがこれってどういうことなんでしょう。

ソフト=習慣なので、つまりは習慣を変えるということですね。

習慣を変えるとは、つまり毎日の行動を変えるということ。

毎日の行動を変えるとは、つまり自分の態度や心構え、考え方や価値観を変えるということになります。

実は、私もいくつか不要なソフトがインストールされていますもうやだ〜(悲しい顔)

なので現在入れ替え中だったりしますふらふら

「億万長者Ver1.0」「毎日幸せに過ごすVer1.0」などのソフトに入れ替えたいと思っています(笑)

ちなみに、脳というハード面については、個人差は実はあまりないらしいです。

なのでインストールされたソフトの性能差によるところが大きいわけですね。

ということで、不要だとわかっているものをいつまでも放置しておくわけにはいきません。

ゴミ袋をいつまでも部屋の中に置いとくようなものです。サッサと処分しなくては。

posted by オッタ at 02:23| 神奈川 | Comment(0) | TrackBack(0) | マインド | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年05月19日

世界最高レベルのコーチング

日本でも活動している世界トップクラスのサクセスコーチ、マイケル・ボルダック。

この人は、幼少期にモノスゴイ境遇を過ごしています。

彼が7歳の時、実の父親が母親を撃ち殺してしまいます。

それが原因でどもり症になり、極度の対人恐怖症になってしまいました。

里親にも差別を受け、まともに人と話すこともできないまま辛い青春時代を過ごしていました。

高校も中退して、学歴もありません。

しかし、彼はそこから立ち直り、人生の成功を手に入れています。

世界No.1コーチと言われているアンソニーロビンズ氏の会社で副社長にも就任していました。

現在は独立してコンサルタント会社経営やプロコーチの活動を行っています。

彼のコーチングを受けた最近の1,063人のクライアントは、2ヶ月で収入が平均41%も増加したそうです。

もちろん収入アップだけでなく、人間関係の改善や目標達成などさまざまな成果をだしています。

彼曰く「成功は学ぶことのできるスキルである」とのこと。

自分だけでなく周囲にも圧倒的な成功を生み出し続けているマイケル・ボルダック。

その彼のセミナーが、6月に都内で実施されます。

私はさっそく申し込みましたダッシュ(走り出すさま)

スキルを学ぶことも大事ですが、彼の話を聴くだけでも十分な価値があると思っています。

彼に逢えると思うと今から楽しみで仕方ありませんわーい(嬉しい顔)

posted by オッタ at 14:36| 神奈川 | Comment(0) | TrackBack(0) | 自己啓発 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年05月18日

ハードルを下げる

大学に合格したいとか、車が欲しいなどの夢を描くとき、「それを手に入れたい」という願い方では実現は難しくなります。

手に入れた後どうするのか、という描き方のほうが良い。

たとえば、大学に合格したらどんな学生生活を送るのか? 車を手に入れたらどんな週末を過ごすのか? など。

これだと、手に入れたことを前提としてその先を描いているので、ぐっとハードルが下がります。

夢の種類や大小に関わらず何にでも当てはまると思います。

家が欲しい、資格をとりたい、人生のパートナーを見つけたい、100万円がほしい、起業したい、…etc

手に入れること自体を目標にしてしまうと、「毎日遅くまで残業してお金を貯めなければいけない」など、実現手段がとても苦しいものになってしまう。

「手に入れて当然」「その気になればいつだって可能」のように、当たり前の感覚でその先を考えれるようになりたいですね。

ちなみに余談ですが、、

ガンで入院している患者に「もしガンが治って退院したら何がしたいですか?」と質問したところ、その人は元気になった後のことを楽しそうにたくさん思い描いたそうです。

そしたら本当にガンが治ったとのこと。

「自分≠ガン」を前提としているため、「ガンなんて治って当たり前」「自分はガンとは無縁」という感覚が無意識のレベルに根付いたんでしょう。

逆に、「頑張ってガンを治しましょう!」などの言葉で励ましていたらおそらく治らなかったと思います。

人間って、奥が深いなぁと改めて思いました。そして、言葉にはすごい力が宿っているんだな、と。

やはりネガティブな言葉は安易に口にするものではないですね。

posted by オッタ at 11:47| 神奈川 🌁| Comment(2) | TrackBack(0) | マインド | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年05月17日

インプットに気をつける

個人差はあるにしても、ほとんどの人は自分の食べる物に気を配っていると思います。

口の中に入れるものですしね。ヘンなもの食べたらお腹壊してしまうかもしれません。

道端に落ちているパンだとか、知らない人から渡された得体のしれない飲み物などは決して口にしないはず、って当たり前か(笑)

しかし、情報については意外と無頓着なのかなと思ったり。

TVや雑誌、インターネットなどから何の抵抗もなく様々な情報を自分にインプットしている。自分に有益なのか有害なのかも意識せずに。

自分に取り入れるという観点からみれば、食事も情報も、どちらも気を配りたいところですね。

そういえば自分は最近ほとんどTVを見なくなりました。

見なくなったというか、あまり見たいと思わなくなったというのが本音かも。

有益とは思えない番組が多すぎると思う今日この頃。
posted by オッタ at 18:54| 神奈川 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 健康 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年05月16日

一歩を踏み出す

ここ2〜3週間くらいは本棚に並んでいる本を読みなおしていましたが、この週末久々に新規購入しました。

読みたい本は日々増えていくので、買うときは大抵大人買いしています。

で、一気に読む。

本音としては本代はケチりたくないんですよね。

でも、頻繁に大人買いしていると小遣いが厳しくなるので、ペース配分考えていますけど(笑)

家計のやりくりにまだまだ無駄があるので、ここを改善していきます。

生活費にゆとりを出しつつ、自己啓発や貯蓄も行っていく。

そういえば、先日初めてファイナンシャルプランナー(FP)の方にお会いしました。

我が家の財務諸表みたいなものをざっくりと整理しただけですが、結構無駄がありましたふらふら

なんとなく予想はしていましたが、具体的な数値で見るとリアルさが違いますね。

お金についてもっと勉強していきます。

でも、知識だけ蓄えても状況は変わらないので、具体的に行動もしていきます。

FPとお会いしたのはその第一歩。

posted by オッタ at 11:29| 神奈川 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | お金 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年05月12日

pottery wedding

5月5日は結婚記念日でした。

日本では、銀婚式(25周年)とか金婚式(50周年)あたりはよく聞きますが、それ以外についてはほとんど知られていません。…というか私もよくわかっていません。

欧米では、結婚後1年ずつ呼び名がついています。

我が家は今年で9周年。どうやら陶婚式(pottery wedding)と言うらしいです。

この日は山下公園の前にあるニューグランドでランチをしましたわーい(嬉しい顔)

ここは結婚式を挙げたホテル。

実は毎年、結婚記念日には夫婦でランチやディナーを食べに来ていました。

息子が大きくなってきたので、ついに今年は初めて息子を交えてのランチとなったわけです手(チョキ)

family.jpg

月日が経つのは本当に早いですね。来年はいよいよ10周年という節目を迎えます。

1年後の自分はどうなっているんだろうか。

その夢・目標に向かって今日できることはなんだろうか。

一歩一歩着実に進んでいこうと思います手(グー)

posted by オッタ at 13:02| 神奈川 ☔| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年05月02日

人生は変えられる

心が変われば、態度が変わる。
態度が変われば、行動が変わる。
行動が変われば、習慣が変わる。
習慣が変われば、人格が変わる。
人格が変われば、運命が変わる。
運命が変われば、人生が変わる。

posted by オッタ at 00:23| 神奈川 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | マインド | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年05月01日

決断A

決断について。

前回からの続き。最近自分の中で意識していること。

たとえば、家族や仲間内などで「何食べに行く?」とか「どこにいこうか?」となったとき。

今までは人任せなところがあり、「何でもいいよ〜」とか「どこでもいいよ〜」なんて答えてたんだけど、それって相手に判断を委ねて自分は考えることをサボっているな、と思い始めました。

なので、必ず自分の考えを提案するようにしています。しかもできるだけ即答で。

これだけでも決断する練習になるかと思います。

もし案が通らなければ、また別の案を提案すれば良いだけですしね。

たまに、「何でもいいよ」とか言いながら、こちらが提案すると「え〜それはちょと」と物言いつけられたりします。

それもどうかと思いますけど(笑)

でも自分も無意識のうちにやってたんだろうなあふらふら

日常のなんでもない行動をちょっぴり改善するだけなんだけど、習慣化させるとなるとなかなか難しいです。

人間の行動は9割が無意識と言われています。

ということは、意識的な行動は1割しかしていないということ。

9割の中に含まれているよろしくない行動→習慣を、良い習慣に変えてゆけば人生豊かになれる。

日々積み重ねていくしかない手(グー)

posted by オッタ at 03:38| 神奈川 | Comment(0) | TrackBack(0) | マインド | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。