2011年05月21日

不要なソフトウェアを入れ替える

パソコン(コンピュータ)というのは人間の脳を模してつくられているそうです。かなり精巧に。

パソコンに色々なソフトがインストールされているように、人間の脳にも色々なソフトがインストールされていると言えます。

ここでいう人間の脳に入っているソフトウェアというのは、「考え方の習慣」とか「行動の習慣」ということになりますかね。(ちなみに習慣とは、普段無意識で行っていることを指します。)

では、人間の脳にはどんな習慣(無意識)がインストールされているんでしょうか。

例えば以下みたいなソフトがインストールされてたりしませんか。

・なんでも後回しにするVer1.5
・ダラダラと毎日を過ごすVer3.0
・ぼーっとTVを見るVer2.2

普通に考えればこんなソフト、人生の役に立つとは思えません。

なのでインストールなんてしたくないのですが、幼少から培われてきた長い習慣により、すでにインストールされてしまっているという人は多いのではないでしょうか。(自分もその一人ですあせあせ(飛び散る汗))

不要なソフトはハードディスクの容量を食うだけでなく、パソコンの動作が重くなるなど弊害ばかり起こします。

よって不要なソフトは早急に削除し、役に立つ新しいソフトに入れ替えねばなりません。

…ソフトを入れ替える、とか簡単に言っちゃってますがこれってどういうことなんでしょう。

ソフト=習慣なので、つまりは習慣を変えるということですね。

習慣を変えるとは、つまり毎日の行動を変えるということ。

毎日の行動を変えるとは、つまり自分の態度や心構え、考え方や価値観を変えるということになります。

実は、私もいくつか不要なソフトがインストールされていますもうやだ〜(悲しい顔)

なので現在入れ替え中だったりしますふらふら

「億万長者Ver1.0」「毎日幸せに過ごすVer1.0」などのソフトに入れ替えたいと思っています(笑)

ちなみに、脳というハード面については、個人差は実はあまりないらしいです。

なのでインストールされたソフトの性能差によるところが大きいわけですね。

ということで、不要だとわかっているものをいつまでも放置しておくわけにはいきません。

ゴミ袋をいつまでも部屋の中に置いとくようなものです。サッサと処分しなくては。



posted by オッタ at 02:23| 神奈川 | Comment(0) | TrackBack(0) | マインド | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。