2012年04月24日

質の良いコミュニケーション

よく、会話はキャッチボールだ、と言われます。

相手が話してきたことに対し、それに返事を返す。ごく当たり前のことなのですが、実際はキャッチボールになっていないことが多いです。

相手が投げてきたボール(話し)を受けるところまではいいのですが、ほとんどの場合において相手のボールを投げ返すのではなく、「自分が聞きたいこと(自分が用意したボール)」を相手に投げている場合が多いです。

例えば、相手が「仕事をクビになってしまった」と相談してきたとき、「何かしでかしちゃったの?」とか「今後どうするつもり?」「生活大丈夫?」など、『自分が聞きたいこと』を返してしまいがちです。

自分は聞きたいことが聞けたので満足しているのかもしれませんが、相手としてはなんだか誘導尋問(質問)されたようで、相変わらずモヤモヤした気分になっていることも・・・。

相手のボールをきちんと受け止めてそれを投げ返してあげるようにしましょう。

そのためには、単に相手の話を聴くだけではなく、相手の感情までも受け止めるように聴く必要があります。かなりの注意力、集中力を要します。

いわゆる 傾聴 というやつです。

一朝一夕で身に付くものではありませんが、自分が成長している、と感じることができたときはとても気持ちがいいですよ☆

質の良いコミュニケーションをとって、質の良い人生を送りましょぴかぴか(新しい)



posted by オッタ at 02:04| 神奈川 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 人間関係 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。