2012年10月08日

出来事の良し悪し

良い出来事、悪い出来事、なんていうのは実は存在しません。

ただ、「それが起こった」という事実があるだけです。

それを良いと解釈するのか悪いと解釈するのかは100%自分の判断であり、100%自分に責任があります。

つまり、自分がどう感じるのか、ということです。

例えば雨が降ったこと自体はただの事実であり、良いも悪いもありません。

が、ピクニックに行こうとしていた人達にとっては悪い出来事に捉えられてしまいがちでしょうし、逆に、水不足に悩む地域の人達にとっては恵みの雨だと感じるかもしれません。

「どうしてこうなるんだ」とか「なんでいつも自分ばかり」みたいな愚痴が頭をよぎっていたら要注意ですね。

「この出来事から学べることは何だろう」という質問を自分自身に投げかけるようにしていると、物事が違った角度から見えてくるようになります。

実は自分にとってかけがえのない気付きや学びが隠れていたりします。

自身に起こる出来事で無駄なことなんて、実は一つもありません。

・・・自分で無駄にすることはできますけど。

せっかくの学びのチャンス、成長のチャンスを捨ててしまうのはもったいない。

自分の糧にしていかなきゃね手(グー)

posted by オッタ at 00:01| 神奈川 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | マインド | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。