2013年06月24日

気遣いと距離

自分の近くにいる人ほど、ついその人のことを粗末に扱いがち。

逆に、自分の遠くにいる人に対しては気配りを欠かさずよく尽くす。

得てしてこんな傾向がありますよね。。

分かりやすく具体的に言うと、、、

例えば自分のパートナーや親など、一番近くにいる存在の人に対してはあまり感謝も示さず、ぞんざいに扱ってしまいがちです。

でも、例えば近所の知り合いや、仕事上で関わりのある人(顧客)、あるいはどこか出かけたときにその時だけ知り合った人達だとか。そういう人達に対する気遣いはモノスゴイものがある。

もちろんそういう気遣いはとても大事なんだけど、身近にいる人に対しても同じくらい、、いや、それ以上の気遣いを心がけなくては、と思うのです。

距離が近いほど悪い意味で慣れてしまい、色々なことが「当り前」だと思うようになってしまう。

つい、感謝の心を忘れてしまいます。

誰に対して一番感謝を示すべきなのか、尽くすべきなのか。たまに自分自身を振り返ってみるのも良いかもしれませんね。


グッときたらポチッとお願いします


posted by オッタ at 00:59| 神奈川 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | マインド | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。