2015年01月19日

若いのはいつ?

趣味でもビジネスでも「もう歳だから」という言葉をよく耳にします。

でも、残りの人生で考えた場合、今この瞬間が一番若いのです。

今この時点で「歳だから」という言い訳をしていたら、もう一生それをやれないことになってしまいます。

だって、これから先はさらに歳をとり続けるだけなのだから。

posted by オッタ at 00:10| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | マインド | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年01月18日

お金の勉強

今年も父方と母方の新年会に参加してきました。

親戚の叔父や叔母、いとこ達とはもう年に一度しか会わなくなってしまいましたが、それでも楽しい時間を過ごすことができました。

かなりの高齢ではありますが、祖母もまだご健在です。元気そうで何よりでした^^

ちなみに高齢といえば、将来の年金とかどうなるんでしょうね。

一般的には、老後の最低日常生活費は平均22万円(※)と言われています。

ですがこれはあくまでも「最低限これだけは必要」という額なので、

もう少しゆとりのある老後生活を送るためには、大体35.4万円程度(※)は必要だと言われています。

※「生命保険文化センター「生活保障に関する調査」/平成25年度」より


では逆に、現在支給されている年金というのはどのくらいなのでしょう。

ちょっと調べてみました。

平均受給額は国民年金が約5.4万円、厚生年金が約15万円

だそうです。

これって、、、

最低限必要と言われている生活費の22万円を既に下回っていますね・・・

この先、少子高齢化の進みが加速していくことを考えると、今後の受給額が増えるとはなかなか考えにくいです。

ということで、年金だけでは将来普通の生活すら維持できないというのが分かってしまいましたがく〜(落胆した顔)

年明け早々から暗い話となってしまいましたが、逆に言えば、これから対策とっていくこともできるということになります。

ちなみに、、

何か対策考えていますか?

いざとなったら会社が守ってくれる・・・なんてことはありませんよ。

会社が守るのはあくまで会社。

自分(や家族)を守るのは自分。自分自身で何とかするしかありません。

お金に関するリテラシー(知識・教養)を高めておく必要があると思います。

あ、お金に関する勉強と言っても、簿記の資格をとるとかそういうことではないです。

もっと根本的なことというか、、、

例えば、

「1万円と書かれた紙幣(一万円札)が、なぜ1万円の価値があるのか」

この答えが分からないのであればお金に関してもっともっと勉強する必要があると思います。

以下はお金について勉強している人達が必ず読んでいる良書です。

この本を読んで大きな影響を受けた人は数知れず。

何を隠そう自分もその一人です。本当に素晴らしい一冊ぴかぴか(新しい)




金持ち父さん貧乏父さん
ロバート・キヨサキ著






posted by オッタ at 01:55| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | お金 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年01月17日

無駄遣い2

前回からの続きです。

何かにお金を使うとき、それが無駄遣いなのかそうでないのか・・・は、「何に費やしたか」ではなく、

その人が、そこからどれだけのリターンを得たのか

によると思います。

つまり、その金額以上の価値を見出せたかどうか、です。

周りの人がどう思うかは全く関係ありません。本人がどう感じたかが大事。

お金を費やし、一時的に満足感を得たとしても、そのまま何も変わらないのであればそれはその人にとって「無駄遣い」だったのかもしれません。

1ヶ月後や1年後に「あの時あれにお金を費やして良かった」と思えるのかどうか、ですかね。

posted by オッタ at 03:05| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | お金 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年01月05日

無駄遣い

今年も宜しくお願いします。

昨年は更新がピタリと止んでしまいましたが、また継続開始しようと思います。

さてお正月。お年玉が飛び交う期間です(笑)

自分が子供の頃、もらったお年玉は無駄遣いするなと親によく言われたものです。
※お年玉だけでなくお小遣いなどでもそうでしたが

でもこの無駄遣いって、よーく考えてみると不思議?な言葉だと思います。

なぜって、

最初から「よっしゃ、無駄遣いしてやるぜ」なんて思いながらお金を使う人はいないですものね。

お金を費やすとき、当人は少なくとも何かしらの満足感を得ているはずなのです。

となると、そもそも何をもって無駄遣いと呼ぶのだろうか。

3DSのゲームを買うことは無駄遣い?
キャバクラなどに通うことは無駄遣い?

とか。

以前、茨城に1杯1万円のコーヒーがある喫茶店がありました。
この1万円のコーヒーを飲むことは無駄遣いになる?

とかとか。

私は、この無駄遣いというのは金額の大小やつぎ込む内容で決まるものではないと思うのです。


続きは次回に


posted by オッタ at 00:22| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | お金 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。