2006年05月23日

とある深夜番組にて

サッカーブラジル代表の特集?みたいなのが放映されてました。

W杯開催まであと3週間程度。
いよいよなんだな〜って思って何気なくみてたのですが、、

ロベルト・カルロスがインタビューを受けてました。

そのときの言葉でとても心に残った一言があります。



インタビュアーが「試合で緊張とかしないの?」というような質問をしたと思う。たしか。

そしたらロベカルはこう答えた。

「試合で緊張しないように、試合を楽しむことができるように、練習ではすごい緊張感をもってやる。だから試合より練習のときの方が緊張する」

って。

おお!

って思った。


自分も、練習時は基本的に鏡をあまり見ないようにし、「今、自分は舞台に立っているんだ」ということをイメージしながらやるようにしている。

同じようなことを考えてたとはいえ、この言葉は深くココロに刻み込まれたのであった。


スポーツだけじゃなく、なんにでも当てはまるはずだし。


posted by オッタ at 11:43| 東京 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。