2011年10月30日

「持つ」より先に「なる」

前回の続きに近い内容です。

いわゆる富裕層と言われるスゴイ人たちを見て連想するのは、豪邸に住み高級車を何台も持っていて世界中を飛び回っているような人たち、ではないでしょうか。

この人たちは、豪邸に住み高級車を持っているからスゴイのではありません。

スゴイ人だから豪邸を持ち高級車を何台も所有しているのです。

「自分」という人間を高め自分自身を一流に育て上げたから、その結果として豪邸や高級車などを所有できるようになった、というだけの話。

なので、この順序が逆になると大変です。

持つことばかりにこだわって、自分自身を何も鍛えないでいるといつか破綻します。

宝くじの高額当選者の8〜9割の人たちが数年以内に元の経済状態に戻るか、もしくは元の経済以下にまで落ちているというのはこの辺が関係しているはずです。

つまり、何億円ものお金を所有するに値する「自分」になれていないから。元の経済状態が一番ふさわしい「自分」だからその状態になる(戻る)のです。

自分を高めるというのは一生をかけて取り組む価値がありますねわーい(嬉しい顔)

ということで、これからは自分が読んでいいと思った本も紹介していこうかなと思います。

自分を高めるためのバイブルはこれ。

もはや知らない人はいないのではないか、というほど有名なこの1冊。

小手先のテクニックではなく、自分自身の本質を変えていきましょう手(グー)





posted by オッタ at 19:46| 神奈川 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 自己啓発 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。