2005年03月17日

きみに読む物語

映画です。観てきました。
いや〜やばいですコレ。メッチャ泣けます。

でも、悲しくて泣けるのではなく
なんていうか、、、
心が、魂が、洗われる気持ちになりますね。
近年まれにみる、といっても過言ではないと思います。

ちなみに、ただ映画の紹介をしたというわけではなく
実はこの映画の中でちょっとタップダンスのようなシーンがあります。
ほんのちょろっとだけだけど^^;

設定としては1940年ノースカロライナ州。南部ですか。
こういう時代のアメリカってのも好きですね。服装とか含めて。
タップダンスって、アイルランドの移民のものと黒人奴隷のものが融合?だかで生まれた
って聞いたことありますが。。そのうちタップダンスについてもなんか調べてみようかな。。

で、映画ですが、劇場公開はもう終わってしまうようですが
ぜひDVDがでたら観ていただきたい作品だと思います。
もう今年のイチ押し!とまで言い切りたいくらい。

http://www.kimiyomu.jp/
posted by オッタ at 23:13| ☔| Comment(1) | TrackBack(3) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
はじめまして
先ほどTBさせていただきました。
この映画、ホント良かったですね。私もDVD買っちゃおうかなって考えています。

タップのシーンって「君が望むなら何にでもなれる・・・」のところですよね?
二人が道路のド真ん中で踊るシーンも可愛かったです♪
Posted by 遊我 at 2005年03月21日 12:52
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/2466743

この記事へのトラックバック

★「きみに読む物語」
Excerpt: 3月1日映画の日、2本目。 予定外なんだけど、チネチッタに移動。 映画館のはしご、しちゃいました。 さすがチネチッタ、7割くらいの入りでした。 この作品、結構評判はいいらしいので見とこうかなぁ・・・て..
Weblog: ひらりん的映画ブログ
Tracked: 2005-03-18 00:11

映画『きみに読む物語』
Excerpt: 同じ映画の感想をかいていらっしゃったので、TBさせていただきます♪
Weblog: 硯にむかいて
Tracked: 2005-03-21 12:41

WOWOWを観て5。
Excerpt: きみに読む物語 「メッセージ・イン・ア・ボトル」のニコラス・パークスのベストセラー小説の映画化。 身分違いの純愛を貫く若き恋人同士の情熱的な愛と彼らの行く末がつづられる。監督は『シーズ・ソー・..
Weblog: My Favorite Things
Tracked: 2006-03-26 09:15
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。