2012年08月22日

願い方

願い方にはコツがあります。

〜したい
〜がほしい

などのお願いの仕方だと叶わないです。

というか、このようなお願いの仕方は、厳密に言うとすでに叶っています

「えっ?」

と思うかもしれません。

実は、願いってそのまんま、その言葉ど〜りのことが実現・強化されるんですよ。

なので、上述したような「〜したい」「〜が欲しい」のような願い方だと、

「〜したい/〜がほしい」という『状態』が実現されることになります。

『「〜したい」という状態』は、今現在がすでにその状態なわけなので、これってもう叶っているということになります。

それなのに「願いが叶わない」「自分には無理なんだ」など意味もなく落ち込んでしまうのです。

あと、否定形もNGです。

「〜したくない」などは、「〜したくない状態」が強化されるので、いつまで経ってもその状態から抜けることはありません。

例えば、「今の職場にはいたくない」とかとか。

・・・ということで、ここはひとつ、願いの仕方を変えてみましょう。

〜したい/したくない、〜が欲しいではなく、「〜である」「〜する・〜する予定」などのように、肯定形かつ現在形で願うと良いです。

例えば、「お金が欲しい」とお願いしちゃうと「お金を欲するという状態」が叶ってしまうので、いつまで経ってもお金が欲しい状態=貧乏なままになってしまいます。

そうではなくて、「どんどんお金が増え続けている」のような表現に変えましょうグッド(上向き矢印)

疑いを持たず肯定形かつ現在形で、というのがミソ手(グー)

普段、自分自身にどんな質問・言葉を投げかけているかはとても重要です。超重要。

不平不満や愚痴ばかりこぼしていると、人生で良い事はほぼ起こらないです。



posted by オッタ at 03:02| 神奈川 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | マインド | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。