2013年02月23日

健康に「なりたい」のか「戻りたい」のか

普通の生活リズム・食生活をしていれば、特別なことをしていなくてもある程度の健康レベルは維持していられる。

にも関わらず、意外と不健康な人が多かったりする。

「健康になりたい」というのは、そもそも「自分は不健康である」というのを前提としてしまっている。これ、モノスゴク違和感を感じる。

不健康な状態を健康な状態にひっくり返そうとするのではなく、そもそも不健康にしている「要素」をやめるだけで自然に「健康に戻る」と思うのだがいかがだろう。

見直すべき要素はいくらでもあると思う。

・タバコを吸う
・食べるものはコンビニ弁当やファーストフードばかり
・毎日夜ふかし
etc

健康になりたいからと、最高級の食材を無理に揃える必要はない。
つらい思いをしながらジョギングする必要もない。
(もちろんないよりはあったほうが良いし、やらないよりやった方がいいけど)

新しいものを取り入れる前に、まずはよろしくないものを手放すことから始めよう。



posted by オッタ at 01:45| 神奈川 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 健康 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。