2013年06月23日

お客様は神様

たまに、「お客様は神様なんだからもっとサービスしろ」と、店員に難癖つけているのを見かけることがある。

また、幼稚園や保育園などの保護者が、「こっちは保育料払ってんだからもっとシッカリみてくれよ」というクレームを出していることもある。

これさ、、、


お客側が言ったらダメでしょ。


この言葉は店側の人が意識し発する言葉なのであって、お客側が口にすることではないと思う。

一体何様のつもりなのか。(あ、お客様か)

そんな上から目線の横柄な態度をとられたら、はたして店側の人(もしくは先生たち、etc)は一体どんな気持ちになるのだろうか。その人に心の底から尽くそうと思うだろうか。

人間同士のコミュニケーションなのでどっちが偉いというのではなく、お互いが相手に対して礼節をもって接するべきなのではないだろうか。

さらに、店側(つまり何かを提供する側)の人に限って言えば、「お客様は神様だ」という意識をさらに上乗せすればよいのではないか、と思うのである。


その通り!と思ったらポチッとお願いします
posted by オッタ at 02:11| 神奈川 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 人間関係 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/367240137

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。