2014年01月26日

自分で決められない人

現在、自分はサラリーマンなので1日の大半を職場で過ごしている。

社会人になって十数年。だいぶ下の世代が増えてきている今日この頃。

で最近ちょっと感じることがある。

「自分で判断、決断できない人」が多くなってきているような気がするのだ。。

これは、若い世代だけではなく、中堅クラスの人達にも当てはまる。

そして、そういう人たちの話し方には、ある共通の言葉がある。

それは、、、

「〜〜なので〜〜できない」

というセリフ。できない理由を外部のせいにしており、「〜〜なので、自分はこうしようと思う」という前向きな姿勢が一切無い。

あと、

「〜〜について、どうすればよいのか分からない」

という類のセリフ。「分からない」と言ってくるだけまだマシかもしれないが。。

これらに共通しているのは、「自分でどうしたいのか、どうした方が良さそうなのか」という自分なりの考えを持っていないということ。というか持とうとしていない。他の人に判断してもらう気満々。

入社したての20代前半の人だったらまだわからなくもないが、30代半ばを過ぎたような人でもこんなことを言ってくるものだからちょっと驚いてしまう。でもこういうのって、おそらく年齢ではないんだろうね。マインドの問題。

私は、自身の成長を常に念頭に置いているし日々求めているので、こういった言葉は意識的に使わないようにしている。自分の成長を止めてしまうからね。

普段、何気なしに発している自分の言葉。たまに意識的に見直してみるとよいかもしれない。結構ネガティブなことを発していること、意外と多かったりするので。

posted by オッタ at 03:00| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | マインド | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。