2011年05月18日

ハードルを下げる

大学に合格したいとか、車が欲しいなどの夢を描くとき、「それを手に入れたい」という願い方では実現は難しくなります。

手に入れた後どうするのか、という描き方のほうが良い。

たとえば、大学に合格したらどんな学生生活を送るのか? 車を手に入れたらどんな週末を過ごすのか? など。

これだと、手に入れたことを前提としてその先を描いているので、ぐっとハードルが下がります。

夢の種類や大小に関わらず何にでも当てはまると思います。

家が欲しい、資格をとりたい、人生のパートナーを見つけたい、100万円がほしい、起業したい、…etc

手に入れること自体を目標にしてしまうと、「毎日遅くまで残業してお金を貯めなければいけない」など、実現手段がとても苦しいものになってしまう。

「手に入れて当然」「その気になればいつだって可能」のように、当たり前の感覚でその先を考えれるようになりたいですね。

ちなみに余談ですが、、

ガンで入院している患者に「もしガンが治って退院したら何がしたいですか?」と質問したところ、その人は元気になった後のことを楽しそうにたくさん思い描いたそうです。

そしたら本当にガンが治ったとのこと。

「自分≠ガン」を前提としているため、「ガンなんて治って当たり前」「自分はガンとは無縁」という感覚が無意識のレベルに根付いたんでしょう。

逆に、「頑張ってガンを治しましょう!」などの言葉で励ましていたらおそらく治らなかったと思います。

人間って、奥が深いなぁと改めて思いました。そして、言葉にはすごい力が宿っているんだな、と。

やはりネガティブな言葉は安易に口にするものではないですね。



posted by オッタ at 11:47| 神奈川 🌁| Comment(2) | TrackBack(0) | マインド | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年05月02日

人生は変えられる

心が変われば、態度が変わる。
態度が変われば、行動が変わる。
行動が変われば、習慣が変わる。
習慣が変われば、人格が変わる。
人格が変われば、運命が変わる。
運命が変われば、人生が変わる。

posted by オッタ at 00:23| 神奈川 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | マインド | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年05月01日

決断A

決断について。

前回からの続き。最近自分の中で意識していること。

たとえば、家族や仲間内などで「何食べに行く?」とか「どこにいこうか?」となったとき。

今までは人任せなところがあり、「何でもいいよ〜」とか「どこでもいいよ〜」なんて答えてたんだけど、それって相手に判断を委ねて自分は考えることをサボっているな、と思い始めました。

なので、必ず自分の考えを提案するようにしています。しかもできるだけ即答で。

これだけでも決断する練習になるかと思います。

もし案が通らなければ、また別の案を提案すれば良いだけですしね。

たまに、「何でもいいよ」とか言いながら、こちらが提案すると「え〜それはちょと」と物言いつけられたりします。

それもどうかと思いますけど(笑)

でも自分も無意識のうちにやってたんだろうなあふらふら

日常のなんでもない行動をちょっぴり改善するだけなんだけど、習慣化させるとなるとなかなか難しいです。

人間の行動は9割が無意識と言われています。

ということは、意識的な行動は1割しかしていないということ。

9割の中に含まれているよろしくない行動→習慣を、良い習慣に変えてゆけば人生豊かになれる。

日々積み重ねていくしかない手(グー)

posted by オッタ at 03:38| 神奈川 | Comment(0) | TrackBack(0) | マインド | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年04月30日

決断

悪い結果を恐れて決断しないことがありますが、たいていの場合、決断しないことこそが最悪の結果になる場合が多いです。

なので、どちらでもいいから決断することが大事だな、と思います。

その決断が良いか悪いかは選択してからじゃないと分からないことが多いですが、仮に悪い方を選択してしまったとしても、その時点で方向転換すれば良いだけです。

最初の決断が早ければ早いほど方向転換(リカバリー)する時間・選択肢にゆとりがあります。

ああなったらどうしよう、こうなったらどうしよう、といつまでも悩むくらいなら勇気を出して・覚悟を決めて一歩踏み込んでみるべきですね。

実際に踏み込んでみると、考えていたほど大したことなかったりしますわーい(嬉しい顔)

posted by オッタ at 10:53| 神奈川 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | マインド | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年04月24日

一流

一流の大学を目指すことはいいことだと思います。

一流と言われる企業に勤めるのもいいことだと思います。

それ自体は別に否定しません。

でも、、

まず自分自身が一流になることの方が大事だと思います手(グー)

ここで言う一流というのは、お金をたくさん稼ぐとかスポーツなどでトップ1%に入るとか、そういうことではありません。

それは結果です。

『自分という人間が一流になるexclamation』ということ。

終わりはありません。まさに生涯学習というやつですね。

子供にも、その大事さを早いうちから伝えていこうと思いますわーい(嬉しい顔)

posted by オッタ at 22:37| 神奈川 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | マインド | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年04月20日

気づきの効果

子供の教育や職場での教育などなど。

どんなにすばらしい研修・教育を施したとしても、
本人にその気がなければあまり意味のないものになってしまいます。

塾やセミナーを受けさせる…など、お膳立てだけに力を入れていても
彼ら(彼女ら)の気持ちは「やらされている感」が満載なため効果は薄いでしょう。

お膳立てよりむしろ、その人の気持ちを動かした方が良い。

本人にやる気がでれば、放っておいても自ら貪欲に進んでくれるようになります。

ではどうやってやる気をださせるか。

ポイントは "気づき"

本人が気が付けばいい。

でも、無理やり気付かせようとしてはいけません。

それでは彼ら(彼女ら)に響かない。

本人自ら、心の底から気が付く必要がある。

ではどうやって本人に気付いてもらうか。

…ここ、大事なところです。

正解なんてない世界ですね手(パー)

posted by オッタ at 15:35| 神奈川 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | マインド | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年04月10日

「変える」のではなく「変わる」

仕事でもプライベートでも、「なんで○○してくれないんだろう」と、相手に対して不満を持つことがあるかと思います。

このとき、相手を変えようとしても効果はないですね。

というより、相手に変わってほしいと思うのはエゴです。

恥ずかしながら、最近になってようやくそれが分かりましたふらふら

相手を変えたければ、まず自分が変わること。

自分が変われば相手も変わります。

例えるなら、鏡に映った顔の汚れをとろうと鏡の顔を一生懸命拭いても汚れは落ちません。自分の顔を拭けば、鏡の顔もきれいになります。

posted by オッタ at 08:21| 神奈川 ☁| Comment(3) | TrackBack(0) | マインド | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年04月06日

アウトソーシング

アウトソーシング。

簡単に言えば、自分の代わりに誰か他の人にやってもらうことですね。(自分ができるできないに関わらず)

日常生活の中では誰でも無意識にやっているけれど、仕事になるとそうではなくなってしまうことが多いような気がします。

もちろん、全て自分で調べて自分でやり遂げるのは立派なことですが、それよりも、知っている人に教えてもらう・任せてしまう方が効率が良い場合があります。

管理職などリーダーの立場にいる人たちはこの意識が高いでしょうね。自分がやれるにも関わらず依頼する。その空いた時間で自分にしかできないことをやっている。

。。

車が故障したとき、自分で工具買ってきて直します?

病気になったとき、自分で薬草つくって治します?

ほとんどの人は業者に直してもらったり医者に診てもらうはず。

…中には自分でなおす人もいるかもしれませんが(笑)

時間がない、と普段から感じている場合、この辺意識するといいかもしれないですね。仕事でもプライベートでも顔1(うれしいカオ)
posted by オッタ at 12:21| 神奈川 | Comment(0) | TrackBack(0) | マインド | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年04月05日

夢の実現

いくつになっても夢は持ち続けた方が、日々のモチベーションが違ってきますね。

そして、夢は大きければ大きいほど達成し甲斐がある顔1(うれしいカオ)

夢そのものが実現可能・不可能なのではなく、そこに至るまでの道筋、過程が現実的かどうかで、夢の実現可否が決まる。

そう考えると何でもやれそう。何でも成せそうな気がしてきますうっしっし

つるの剛士は、子供の頃ウルトラマンになりたいと言っていたそうです。大人になって本当にウルトラマンになりましたびっくり

夢の実現を阻害する一番の要因は、自分で限界を決めつけちゃうことなのかなと思いました。

posted by オッタ at 10:56| 神奈川 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | マインド | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年04月04日

できない理由

できない理由として、「時間」や「お金」を挙げることがあるけど、これは厳密にはウソだと思います。
(時間がないからできない。お金がないからできない。など)

本当にその人に必要なことだったり、本気でやりたいと思っているのなら、時間もお金もどうにかして工面できるはず。

『そこまでしてやろうとは思わない』

というのが本音だと思います。

ちなみに以前の自分がそうでしたふらふら

今はNGワードとして絶対口にしないようにしています。

ほんとに始めたい/やりたい/買いたい…etc と思っている場合、以下のように自分へ質問するようにしています。

『どうすればできるようになるんだろう』

ってわーい(嬉しい顔)

ちなみにこのとき「なぜできないんだろう」と質問するのはNGですね。

できない理由を見つけても、自分を納得させちゃうだけで何の解決にもならないので。

posted by オッタ at 01:04| 神奈川 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | マインド | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。