2014年05月04日

何に困る?

「部下(子供)が言うことを聞いてくれない」「何べん教えてもできるようにならない」

結構耳にすることが多いこれらの言葉。

特に子育て中の親は耳にすること(もしくは発すること)が多いのではないだろうか。

まぁ、かく言う自分も7歳と2歳の息子をもつ父であるわけだが。。

でも、これらの言葉を聞くたびにいつも自分はこう思ってしまう。

「その伝え方では伝わらないということなのでは」

と。

「部下(子供)の出来が悪くて困っている」

こう嘆く前に、

『指導力がなさすぎる自分に困る』

と、「気がつく」必要があるのではないだろうか。

posted by オッタ at 02:31| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 自己啓発 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年07月04日

大統領がアドバイスを求める男

大統領がアドバイスを求める男。

その偉大な男は、これまでに、

ビル・クリントン(元アメリカ大統領)
故ロナルド・レーガン(元アメリカ大統領)
ネルソン・マンデラ(元南アフリカ共和国大統領)
ゴルバチョフ(元ソ連大統領)
ジョージ・ソロス(投資家)
故ダイアナ(元妃)
アンドレアガシ(テニスプレーヤー)
アンソニー・ホプキンス(ハリウッド俳優)
ダライ・ラマ

など、世界中の著名人、優れた指導者に対してコーチングやコンサルティングをしてきました。

つまり、世界的指導者たちの“メンター”です。

有名ですので名前くらいは聞いたことがあるかもしれません。

男の名前は「アンソニー・ロビンズ」

世界各国で開催されている彼のセミナーは、通常数十万円〜数百万円もかかります。

私はまだ参加したことがありませんが、彼のセミナーに参加することは私の目標の一つでもあります。

そんな彼の動画講座が公開されました。日本初の公開とのこと。

ぜひご覧になって、自分の可能性を最大限に広げ、目標達成を加速させるためのヒントにしてはいかがでしょう。

今なら期間限定で無料公開中!(あと1週間程度で切れます)

これは本当にオススメです手(グー)

無料ですのでお金はかかりませんし、1動画あたり10数分程度ですのでまとまった時間がなくても大丈夫です。

百聞は一見にしかず、という諺もあるように、まずはご覧下さい。

http://123direct.info/tracking/af/954154/GG1OxBuS/



アンソニーロビンズすごい!と思ったらポチッと

posted by オッタ at 00:35| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 自己啓発 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年06月21日

躾かエゴか

躾(しつけ)と称して、実はただ自分の都合を子供に押し付けているだけだったりすることがある。

というか、そっちの方が多いかもしれない。

例えば「サッサと歩きなさい!」とか「ほらまた洋服汚して!」とか。

これって結局は「自分が早く行きたい、遅刻したくない」から子供を急かしていることがほとんど。

後者であれば、「まわりの人に汚れた服をみられるのが恥ずかしい」とか、「自分が洗濯、後始末するのが面倒くさい」という理由だったりするだろうし。

要は大人の都合なんだよね。

それを親の権力振りかざして子供を一方的に叱りつけるのはいかがなものなのか、と。

子供と接する時間を増やし、このあたりよーく話合わねば。自分にとってもすごく勉強になるから。

例えば、子供が「幼稚園・保育園に行きたくない」と言ってきたら、親の自分はなんて答えるんだろう。

問答無用で「行きなさい!」って、つい言いたくなるんだけど、それって実は自分の都合、自分が困るからそう言っているだけなんだよね。

自分たち親の方こそ成長が必要だと思う今日この頃。

posted by オッタ at 01:33| 神奈川 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 自己啓発 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年01月04日

ケタ違い

前回、目標を立てることについて述べました。

私が今年立てた目標は65個ですが、おそらく日々過ごしていく中でさらに増えていくかと思います。

でも、せいぜい100とかそのくらいのオーダーに落ち着くかと思いますけど。。

全世界で累計 1億部以上を発行している "こころのチキンスープ" の著者 マーク・ビクター・ハンセン氏は、4000以上の目標があると聞いたことがあります。

ちなみに、マイクロソフトのビル・ゲイツ氏は8000以上のプロジェクトをもっているそうです。

成功者はケタが違いますねグッド(上向き矢印)

posted by オッタ at 17:26| 神奈川 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 自己啓発 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年08月19日

名言【メモ】

ある人の言葉。

とても良い言葉だ☆

忘れないようメモしておこうっと。

一番大切なときは、今
一番大切な人は、目の前の人
一番大切な事は、幸せになること

毎朝この言葉を朗読しようかと思います手(グー)

posted by オッタ at 01:24| 神奈川 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 自己啓発 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年06月03日

成長度合いをチェック

今年も5ヶ月が経過しました。早いもので2012年もそろそろ折り返し地点にさしかかってきています。

自分の目標が達成できているのか、もしくは目標に近づいているのか、定期的に見直すことは大事です。

方向がズレていたり、停滞しているようであればすぐに軌道修正かけなくてはなりません。

ところで、自分がどれだけ成長しているのかを簡単に判別できる方法があります。

それは、去年読んでいた本と、現在読んでいる本を比べてみることです。質・量ともに。

学ぶ姿勢は大事です。

日々成長していきたいと思います。

そういえば誰の言葉か忘れてしまいましたが、私の中で印象に残っている言葉があるのでシェアします。毎日を惰性で過ごしていると、ちょっとドキッとするかもしれません。

成長していなければ、死に向かっている

posted by オッタ at 02:57| 神奈川 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | 自己啓発 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年05月31日

語学の学習法?

我が家の長男はそろそろ6歳になる。

月日が経つのは本当にはやい。

つい最近までオムツを履いていたと思いきや、もう来年から小学生。

当然だが、夫婦ともに、この6年間ずっと間近でその成長をみてきた。

初めて立てるようになった日、歩けるようになった日、言葉を発した日、など。今思い返してもなつかしいハートたち(複数ハート)

ちなみに、初めてしゃべった言葉は "だっと" (抱っこ)
⇒当初は「かきくけこ」が苦手だった(笑)

以来、すさまじいスピードで言葉を覚え、今ではすっかり流暢にしゃべることができるようになっている。まぁどこの子供も同じだろうけど。

さてこの言語の習得についてだけど、長男の成長をみていてあることに気がついた。

それは・・・

子供が言語をマスターするときの順番と、学校で(英語などを)習うときの学習の順番は異なっている、ということ。

具体的に言うと、、

自分達が学生時代に英語を習った時は、こんな順番・比率だった。
※今はグローバル化が進んでいるから多少変わっているのかもしれないが。

@読む
A書く
B聞く
C話す

@とAだけで9割くらいを占めていたと思う。そして、残りの0.9割が「B聞く」で、「C話す」にいたっては0.1あるかないかくらいの比重だったと思う。

それに対して、長男が日本語を会得したのはこんな順番だった。

@聞く
A話す
B読む
C書く

まずこちらの言うことが理解できるようになった(@聞く)
その次に自分の意志を口にすることができるようになった(A話す)

たったこれだけ。

BとCの比率はゼロにも関わらず、2〜3歳にもなると口頭でのコミュニケーションはまったく問題ないレベルになっていた。

しかし、この時点ではまだ文字は全然読めない。ましてや書くことなんてとんでもない。つまりBとCは皆無。

絵本を読み聞かせるようになってくると、徐々にひらがなやカタカナなど読めるようになってきた。そして、少しずつ書けるようにもなってきた。

・・・そう。見事に学校で習う順番と逆なんだよね。

この辺り、何年英語を勉強しても話せない・モノにできない、と言われる所以なのかなと思ったり。

語学をマスターしたいと思ったら、「聞く」「話す」の比重を圧倒的に増やす必要がある、と言えそうだ。

posted by オッタ at 02:55| 神奈川 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 自己啓発 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年12月20日

おもてなしの心

今回は、自分を見つめなおすために読み直した本をご紹介します。

リッツ・カールトンの話なので接客業向けにみえますが、どの業種の人が読んでも大変勉強になります。

たくさんのエピソードがちりばめられていますが、どれも本気でお客様に感動を与えることを考えていないと出てこない発想・行動だと思います。

「相手をもてなす心の本気度」を考えさせられる1冊です。

仕事・ビジネスでのお客様に限った話ではありません。自分のパートナーなどに対しても当てはまると思います。


posted by オッタ at 00:50| 神奈川 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 自己啓発 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年12月11日

セミナー受講

セミナーを受けてきました☆

今回のテーマは自己啓発ではなくビジネスに関するものでした。

隣の人がやけにスルドイ質問連発するな、とか、あの人どこかで見たことあるな、とか思っていたら、その道の著名人も何名か出席されていました。納得ひらめき

名前が売れているような人達も、現状に満足することなく日々精進しているんですね。だから第一線でやっていけるんだなと思いました。

セミナー受講してて毎回思うのが、出席者の意識レベルがとても高いということ。

何万円という受講料を払って受けに来ているので、みなさんとても勉強熱心です。
(もちろん自分も頑張っていますが)

雑談の中ですら色々な気付きが得られます。自分になかった視点や価値観なども学べるので、講義プラスアルファが得られます。少なくとも自分はそう感じています。

さて、ここで大事なのはその後です。

講義を受けて、知識を得たりエクササイズを通して実体験するのはとても良いことですが、それを自分の日常にどう取り組むか、がとても大事です。

明日から、いや、今日から(今から?)何をどう実践していこうか、自分の家庭や職場等にどう適用していくか、具体的にどう行動していくか、まで落とし込まないと、「ただ理解した」だけで終わってしまいます。

自分が成長できるか、変われるかはここにかかっています手(グー)

実際に行動しないと、状況は何も変わらないです。

posted by オッタ at 05:01| 神奈川 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 自己啓発 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年10月30日

「持つ」より先に「なる」

前回の続きに近い内容です。

いわゆる富裕層と言われるスゴイ人たちを見て連想するのは、豪邸に住み高級車を何台も持っていて世界中を飛び回っているような人たち、ではないでしょうか。

この人たちは、豪邸に住み高級車を持っているからスゴイのではありません。

スゴイ人だから豪邸を持ち高級車を何台も所有しているのです。

「自分」という人間を高め自分自身を一流に育て上げたから、その結果として豪邸や高級車などを所有できるようになった、というだけの話。

なので、この順序が逆になると大変です。

持つことばかりにこだわって、自分自身を何も鍛えないでいるといつか破綻します。

宝くじの高額当選者の8〜9割の人たちが数年以内に元の経済状態に戻るか、もしくは元の経済以下にまで落ちているというのはこの辺が関係しているはずです。

つまり、何億円ものお金を所有するに値する「自分」になれていないから。元の経済状態が一番ふさわしい「自分」だからその状態になる(戻る)のです。

自分を高めるというのは一生をかけて取り組む価値がありますねわーい(嬉しい顔)

ということで、これからは自分が読んでいいと思った本も紹介していこうかなと思います。

自分を高めるためのバイブルはこれ。

もはや知らない人はいないのではないか、というほど有名なこの1冊。

小手先のテクニックではなく、自分自身の本質を変えていきましょう手(グー)



posted by オッタ at 19:46| 神奈川 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 自己啓発 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年10月26日

何をするか、どうあるべきか

何をするか、という行動のみにフォーカスしていると、うまくいかないものだし長続きもしないですね。

どういうことかというと…

例えば痩せたいからダイエットを始めたとしても、ダイエットする、という行動のみだけだと途中で挫折しやすいと思います。

異性にモテたいからと、合コンに出ているだけでは成果は得られないと思います。

もちろん、何もしないよりは何倍もマシだと思います。実際に行動を起こしているので。

。。

何をするかも大事ですが「どうあるべきか」が大前提にあるとさらに良いです。

痩せている自分はどうあるべきか?生活スタイルはどうなっているべきか?

どんな自分であれば異性にモテているのか?

などなど。

つまりは自分自身を成長させ高めていかないとですね。

行動だけを表面的に行ったとしても、自分の本質(考え方や価値観等)が変わっていなければすぐに元の状態に戻ってしまいます。

自分自身という人間を磨いていきましょう☆

日々精進ですね顔1(うれしいカオ)
posted by オッタ at 21:48| 神奈川 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 自己啓発 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年08月30日

マイケルのセミナーを受けてきました

この週末、またマイケル・ボルダックのセミナーを受けてきました☆

前回6月初頭に受けて以来、約3か月ぶりの生マイケル。
前回はコチラ→ http://kazudance.seesaa.net/archives/20110607-1.html

やはり本を読むだけでなく、生で話を聴くほうが全然良いですね。

CDで音楽聴くのと実際にコンサート観に行くくらいの違いがあります。

自分の中に残るモノが違う。

2日間フルに使ってのセミナーはとても頭が疲れたけど、でも、とても楽しかったですわーい(嬉しい顔)

受講者達との交流もできたので、これから共に頑張っていこうと思います。

ちなみに今回は、自分の中でよろしくないことだと自覚しているあることを変えたくて参加しました。

いきなり変わるのは無理だとしても、変わるキッカケが得られれば、もしくは変わるための刺激を受けられればいいな〜と考えていたのですが、ワーク実施中にそれが達成できてしまいましたわーい(嬉しい顔)

あとはこれから継続して行動するだけ。

前進どころか、ほとんど解決してしまいました。ヤッタ手(チョキ)

一人で悩むだけでなく、誰かに話したり、このようなセッションを受けるのはやはりためになりますね。

ちなみに、主催者側の特典で、自己啓発の本を4冊ももらってしまいました。なんと受講者全員にexclamation

運よく、全て自分が持っていない本で、かつ買おうと思っていた本だったのでラッキーでしたるんるん

その内の一冊「1本線ノート術」の著者、吉澤ゆかさんがいらっしゃったので、懇親会のときに色々お話を伺いました。ついでに本にサインもらいましたわーい(嬉しい顔)

book-1.JPG

book-2.JPG

ノートのとりかたや手帳の活用の仕方など、まだ改善の余地があるなと思っていたのでさっそく初日の夜に読破し、2日目のセミナー受講時に活用してみました☆

少し慣れが必要だけどとてもシンプルなので、これからどんどん使っていこうと思います手(グー)

posted by オッタ at 03:00| 神奈川 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 自己啓発 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年06月07日

セミナー受講

この週末、マイケル・ボルダックのセミナーを受けてきました。

幼少期、実の父親が母親を撃ち殺してしまったことにより、吃音症(いわゆるどもり症)や極度の対人恐怖症に陥ってしまったマイケル。

その境遇を乗り越え、自分だけでなく周りの人達も成功に導いてきた彼は本当にパワフルでした手(グー)

マイケルのセミナーを受けるのは、実は今回が初めて。

「恐怖は押しつぶすものではないし、逃げる(無視する)ものでもない。」

「恐怖を受け入れ、それを自分の力に変えることができる。」

彼が言うと重みが違いますね。

セミナー終了後の懇親会で、マイケルと直接お話することができました手(チョキ)

最も大切にしていることは何か、今後はどうしていきたいか、などを質問してみました。

意外、と思うかもしれませんが、彼は自分の健康がまず第一であるとおっしゃられていました。

健康でないと、家族のサポートもできないしビジネスも行えなくなってしまいます。

まったくもってその通りですね。

ちなみに彼と私は同い年だったということが分かり、何気にこれがその日一番のサプライズ(もちろん私にとっての)でした(笑)

今年の夏に、今回のセミナーの次ステップとなるセミナーをまた日本で開催するとのこと。

次回も絶対参加しますのでまたお会いしましょう、と約束(commit)したのでありました。

michael_kazu.jpg
懇親会にて。ワイン飲み過ぎた私は少し酔っています。

posted by オッタ at 00:01| 神奈川 | Comment(0) | TrackBack(0) | 自己啓発 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年05月19日

世界最高レベルのコーチング

日本でも活動している世界トップクラスのサクセスコーチ、マイケル・ボルダック。

この人は、幼少期にモノスゴイ境遇を過ごしています。

彼が7歳の時、実の父親が母親を撃ち殺してしまいます。

それが原因でどもり症になり、極度の対人恐怖症になってしまいました。

里親にも差別を受け、まともに人と話すこともできないまま辛い青春時代を過ごしていました。

高校も中退して、学歴もありません。

しかし、彼はそこから立ち直り、人生の成功を手に入れています。

世界No.1コーチと言われているアンソニーロビンズ氏の会社で副社長にも就任していました。

現在は独立してコンサルタント会社経営やプロコーチの活動を行っています。

彼のコーチングを受けた最近の1,063人のクライアントは、2ヶ月で収入が平均41%も増加したそうです。

もちろん収入アップだけでなく、人間関係の改善や目標達成などさまざまな成果をだしています。

彼曰く「成功は学ぶことのできるスキルである」とのこと。

自分だけでなく周囲にも圧倒的な成功を生み出し続けているマイケル・ボルダック。

その彼のセミナーが、6月に都内で実施されます。

私はさっそく申し込みましたダッシュ(走り出すさま)

スキルを学ぶことも大事ですが、彼の話を聴くだけでも十分な価値があると思っています。

彼に逢えると思うと今から楽しみで仕方ありませんわーい(嬉しい顔)

posted by オッタ at 14:36| 神奈川 | Comment(0) | TrackBack(0) | 自己啓発 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年04月17日

何をコントロールするか

1日は24時間。

人によって時間の経つスピードは変わらない。ましてや長さが増減することもない。

誰にとっても平等に与えられているもの。

たまに、「時間を有効活用できるよう、時間をコントロールできるようになりたい」と話している人をみかけます。…まぁ、以前の自分もそうだったんですがふらふら

よくよく考えてみると、それは間違っているということに気づきました。

そもそも、時間なんてコントロールできるものではないです。スピードや長さを変えられるわけでもないですしがく〜(落胆した顔)

コントロールすべきは時間ではなく「自分」です。

何かをしたいが時間が足りない、と感じている場合、それは時間が少ないからやれないのではなく、「自分の生活リズムのどこかに時間を無駄使いしている部分がある」からだと気づきました。

自分をコントロールするのは自分自身。これなら現実的です。コントロール可能exclamation

「自分カイゼン」に向け、がんばるぞっと手(グー)

posted by オッタ at 18:38| 神奈川 ☀| Comment(2) | TrackBack(0) | 自己啓発 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年04月16日

影響力

人は、絶対にどうあがいても周りにいる人の影響を受けてしまうそうです。

朱に交われば赤くなる、ということわざもありますしね。

「親しい友人が使っている口癖が自分にもうつってしまった」というのはよくある話じゃないでしょうか。

自分が望むにしろ望まないにしろ、何かしらの影響を受けてしまうということですね。

ということは、「自分は将来こんな風になりたい」と思っている人達と仲良くなれば、その人達に近づくことができる、自分も同じような結果を得ることができる、ということになります。

その人の考え方や行動パターンなど「良い影響」を受けて、どんどん自分を豊かにしていこうわーい(嬉しい顔)

ただし、損得勘定だけでその人に近づくのはNGですね。

豊かな人生を送っている人というのはその辺敏感ですから、自分に悪い影響を与える人が近づいてきたら逃げてしまうことでしょうふらふら

。。

今私には、直接会ってみたいと思っている人が2人ほどいます。

どちらも自分と年が近いですが、自分よりとても豊かな人生をおくっています。金銭的に裕福というのではなく、ものの考え方がすばらしいです。自分もそうありたいというまさにお手本のような存在。

焦らずあわてず、自己を高めていけば必然的に引き寄せあうだろうと思っているので特に策は講じないつもりです手(グー)

posted by オッタ at 07:58| 神奈川 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 自己啓発 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年04月09日

自信を持つこと

自信を持つには、とにかく自分で自分を信じることですね。そこに根拠や理由は必要ありません。

「必要なものは今すべて自分の中に備わっている」と、感情レベルで信じられるかどうかです。

自信を持つのに特別なスキルはいりません。

しかし、スキルいらずのこの自信、なぜか持とうとしない人がいる。

もったいない!ふらふら

その人たちに言わせると、経験していないから自信がないというのが主な理由らしいのだが。。

さっきも言ったけど、理由なんていらないんです。

赤ちゃんは、歩き方を教わり自信がついたから歩き始めているわけではないです。

もちろん、成功体験を重ねることで、そこに「経験」というスパイスが加わり自信が一層深まる、というのはあると思います。

が、自分に自信を持っている人たちというのは、まったく初めてのことを行う場合でもとにかく力強く進んでいきますね。

自分に自信を持っている人は、それだけで何かしらのオーラをかもしだしています。

自分もそうありたいものです。

がんばるぞー!手(グー)

posted by オッタ at 10:16| 神奈川 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 自己啓発 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。